読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

毒を吐くと・・・

私の知人で、他人の悪口で会話をする人が何人かいます。

これは他人が居ないときにするから陰口ですね。
そういう人は、何年、何十年間と付き合っていると、かならず不幸になっていることに気づきます。

先日は、私の知人である、40歳代後半の独身の女性と話しました。
彼女は、とても美人でスタイルも良いです。
30歳代前半に見えます。
彼女は、どの職場で働いても、必ず同僚の陰口を言います。
それも何十分間でも話します。
陰口のネタは尽きません。
聞かされるこちらは、本当にウンザリします。
それでも彼女の気持ちが軽くなるからと思い、傾聴していました。
聞いているだけでぐったりします。
生きるエネルギーを吸い取られている感じがします。

私にも言うくらいですから、同居している親にも毎日言っているのだと思いました。
彼女が言うには、
先日、70歳代の母親がくも膜下出血で倒れて、認知症になってしまったそうです。
認知症で、娘とも分からなくなってしまった母親を看病するのは辛いと話していました。

本で読んだのですが、
愚痴や悪口を言っている息を分析すると、毒が入っているそうです。
植物に吹きかけると植物が枯れるそうです。
真偽のほどは分かりませんが、
感情は物質化されていることは医学的には証明されています。
悪い感情のときには、脳の中に悪い感情になる脳内ホルモンができているそうです。

昔から、愚痴や悪口を言うことを、「毒を吐く」と言いますね。
だから、愚痴や悪口を相手に言っていることは、相手に毒を吹きかけていることと同じです。
母親は、毎日娘の毒を浴びていて、病気になってしまったのではないでしょうか?

一番怖いのは、毒を吐くと、それが自分にも降り注いているということです。
自分も知らず知らずに自分の毒に侵されて病気になります。

そういう私も、辛いときには毒を吐きたくなりますが、
辛いことは、神様が自分が成長するために与えてくれた試練だと思い込むことで、毒を飲み込んでいます。
同僚の陰口が始まったら、絶対に陰口に同調しないで、逃げるようにしています。

愚痴や陰口を言わない!
それだけで職場や家庭が、とても居心地の良い場所になります。

信頼と笑顔にあふれた職場や家庭にしたいです。