糸が切れた凧の毎日

これまで散々世間に迷惑をかけてきたので、これからは世間に恩返しをする番だと思っています。 周りの人の心に火を灯し、少しでも元気になってもらえれば、私も元気になれます。

人生の階段を駆け上がる若者

取引業者さんの営業さんから折り入って話があるとの連絡が来ました。

29歳の女性のグループリーダーです。

彼女とは前職の会社からの知り合いです。

彼女は、大学を卒業した後に、その会社に就職し、地方で営業を担当した後に、25歳で本社に戻ってきました。

私が彼女に初めて会ったのは、彼女が前職の会社の営業担当になったときでした。

最初に会ったときのことを覚えています。

自己紹介のためにキャリアを書いた紙を手渡されました。

まるで新卒の大学生の採用面接のようでした。

仕事に真摯に取り組む姿勢に、社内の信頼が増していきました。

そのうちに結婚・出産のために産休・育休期間に入り、営業担当を外れました。

そして私が転職したのでした。

私が現職で、新しいプロジェクトのコンペを実施したときに、彼女は再び営業担当としてプレゼンをしたのでした。

彼女の会社が選定されて、再び一緒に仕事をすることになりました。

彼女は、仕事も家庭も全力投球です。

朝、子どもを保育園に預けて、昼間はバリバリと営業をした後、夕方に子どもを保育園に迎えに行き、子どもの世話をして、子どもが寝た後に仕事をしています。

仕事のメールが23時頃に来ます。

子どもが熱を出したときには在宅勤務です。

オンラインの打ち合わせで、子どもが後ろで泣いていたこともありました。

折り入って話があるのは何?と電話をかけてみました。

すると、4月からマネージャーに昇任するとのことでした。

社内では公表されていないのですが、営業担当を外れることになり、本当に申し訳ないとのことでした。

真っ先に私に謝りたいとのことでした。

彼女は、大学時代はキャリアに関する学部で勉強していたのでした。

私がキャリアコンサルタントやキャリアアドバイザーの資格を持っているので、キャリアの相談をしたいと言われていました。

彼女は、とても向上心があります。

営業をしていて、人を育てる仕事をしたいと思ったそうです。

そこで、人事部への異動を希望したら、彼女の夢が叶ったそうです。

それもこれまでの仕事が評価されて管理職になりました。

彼女の会社は毎日TVでCMが流れている有名企業です。

29歳で管理職は出世が早いです。

「おめでとう!」と真っ先に伝えました。

彼女が営業担当を外れることは、我が社にとっては痛手です。

しかし、彼女の人生にとっては大きなステップアップです。

61歳の私からすれば彼女は娘のような年齢です。

私は取引業者さんの若手の営業が育つように仕事を振るようにしています。

私の世代は、若手を育てるのも仕事です。

だからこそ若手が仕事の成果を出して成長することは私も嬉しいです。

来週あたりにお祝いをしようと思います。

 

他人を元気にするには

毎年バレンタインデーにチョコレートを自宅に送ってくる人がいます。

前職で部下だった53歳の独身の女性です。

10年前に一緒の部署で仕事をしていました。

私が室長で、彼女は直属の部下でした。

女性が多い職場で、人間関係に困っていました。

アラ還のお局様の下で、彼女は困っていました。

彼女は向上心があるので、いくつかの資格を取得していました。

複雑な人間関係の中で、成果を出せない彼女を見かねて、

私は彼女の資格が活かせる部署に異動するように推薦しました。

その結果、彼女は異動が叶ったのでした。

それから7年後に、私は彼女が異動した部署の部長になりました。

そして2年間一緒に仕事をした後に、私は転職をしました。

チョコレートのお礼に、彼女を食事に誘いました。

9カ月ぶりに彼女に会いました。

彼女は、今ではエース級の社員になっています。

私は上司として当然のことをしていたのですが、彼女の人生には大きな影響を与えていたようです。

丁寧に感謝の言葉をもらいました。

私は、昔から小さな挑戦を続けていました。

一生懸命やることしか能がない男です。

私が挑戦しているところを見て、彼女は自分も頑張ろうと思ったそうです。

一生懸命やっている姿を見せることで、周りの人を元気づけることができることが分かりました。

私は、小さな頃から要領が悪い男です。

人と同じになるには、人の2倍努力しなければならない男です。

彼女から「いつも元気をもらっていました」という言葉を聞いて、驚くとともに、とても嬉しかったです。

「一生懸命やれば道は必ず開ける」を信じて生きてきて良かったと思いました。

 

ストレスとどう向き合うか

生きていればストレスが発生します。

ストレスのほとんどは人間関係から発生します。

何の目標も持たない生き方ならばストレスは発生しないと思います。

しかし、人間はなんらかのこだわりがあります。

そのこだわりと、現実とのギャップがストレスとなります。

同居している26歳の次男とその話をしたことがあります。

次男は、自分はストレス耐性がないと言っていました。

彼は中学校1年生の夏休みから引きこもりました。

妻が家を出て行った19歳まで7年間部屋に引きこもっていました。

多感な時期を人と接触することがなかったので、ストレス耐性が無いのだと思います。

妻が家を出て行った後に、私といろいろな施設を回りました。

健康診断を受けたら悪い数値が沢山出てきました。

保健所や自治体の引きこもり相談センターに相談しました。

若者サポートステーションにも通いました。

就労移行支援施設にも2年間通いました。

学歴を付けようと思い定時制高校に通うことも考え、私が帰宅後に勉強を続けていたこともありました。

就労移行支援施設に通っていたときに、いろいろな資格を取得しました。

MOSや電卓の資格から始め、日商簿記3級、日商簿記2級を独学で取得しました。

車の免許も取得しました。

若者サポートステーションに通っていたときに、支援員の方から障害者手帳を取得したほうが就職しやすいと言われ、

近所の心療内科に相談して、精神障害者手帳を取得しました。

抑うつ傾向だということです。

就労移行支援施設にそのまま就職しました。

経理の仕事をしていたのですが、就労移行支援施設が不正な補助金搾取をしていることが分かり、

それを指摘した次男は月給3万円になりました。

もともと半年間だけ雇用して、補助金をもらったら次男を解雇するつもりだったようです。

その後、ハローワークに通い、障害者雇用の求人を見つけ応募していきました。

私はキャリアコンサルタントの資格を持っているので、次男の履歴書を添削したり、面接練習をしていました。

掃除の会社、総合病院の事務などに内定をもらいました。

総合病院の事務に、障害者雇用のパートで採用されました。

今月で2年3カ月間働いています。

経理課で働いています。

経理課は5人の職員なのですが、彼が入職してすでに3人の職員が辞めています。

最近では、試用期間中の若い女性が適応障害で辞めたそうです。

所属長のパワハラがひどいらしく、常に周りの職員を怒鳴り散らしているらしいです。

ベテラン職員が退職して、勤続2年程度の次男が古株の2番目になっています。

次男は毎晩21時過ぎまで残業しています。

22時を過ぎることもあります。

パートの身分ながら、職員の給与計算や予算策定なども担当しているそうです。

パートから契約職員、契約職員から正職員への登用もちらつかせて働かせていますが、いっこうに登用する様子はありません。

総合病院は自宅から車で15分程度の距離にあります。

バスを2本乗り継いで通勤しています。

次男は心療内科の薬を飲んでいますので、車の運転ができません。

21時過ぎまで残業しているとバスが無くなってしまいます。

私が迎えに行っています。

次男も所属長から毎日怒鳴られているそうです。

ストレスと戦っています。

引きこもっていた7年間の成長分を取り戻しているのだと思います。

少しずつストレス耐性もできたのだと思います。

次男は転職する難しさも感じています。

引きこもりからここまできたのだから、安定した正職員になってもらいたいです。

私が死んだ後も、自立して生きていけるまで力を付けてもらいたいです。

ありがとうを25,000回言う

小林正観さんの「ありがとうを25,000回言う」を実践しました。

心を込めなくていいから「ありがとう」という言葉を25,000回言うと、

心からの感謝が溢れてきて、涙でタオルが濡れるほどになり、

だいたい半年以内に心からの感謝の思いが溢れてくる現象がやってくるそうです。

ただし、途中で不平・不満・泣き言を言ったら0にリセットされます。

このところ人生の転機となることが起こるので、人生を良い方向にしたくて実践しました。

まずは、25,000回をどうカウントするかです。

1分間で何回ありがとうを言えるかを計測してみました。

何度か試しましたが、80~90回になりました。

1分間に80回言えるとして、25,000回言うには、

25,000÷80=312.5で312.5分間かかることになります。

時間に直すと、312.5÷60で5.2時間です。5時間12分間ありがとうを言い続ければ良いです。

30分間ずつ区切ることにしました。

最初は順調に進みました。

座りながらやりました。

最初の1時間は余裕です。

さすがに2時間を過ぎると声が枯れてきました。

3時間を過ぎると腰も痛くなりました。

そこで布団に入りました。

手を合わせて、ありがとうを唱えました。

ありがとうを唱えているうちに、子どものころからの記憶が走馬灯のように蘇ってきました。

お世話になった多くの人の顔が、頭に浮かんできました。

その1人ひとりの名前を言って、ありがとうと付け加えました。

人生の転機に寄り添ってくれた人を思い出すと、涙が出てきました。

午後4時から始めて4時間が経過しました。

そこで休憩して夕食を食べました。

夕食が終わったら最後の1時間12分間です。

ありがとうの数をカウントするのに電卓を使ってみました。

0+1と打ってから=を連打すると、カウントできます。

時間で計算するのではなく、電卓でカウントすれば良かったですが、後の祭りです。

最後の1時間12分を終えました。

時計を見たら午後10時30分でした。

5時間以上もありがとうを言い続けるのは大変な労力です。

25,000回言ったら何か突然起こる訳ではありません。

半年以内に良いことが起こるそうです。

気長に待とうと思います。

幸せってなんだろうね

今週は2人の同級生と食事をする機会がありました。

静岡と名古屋に出張した際に高校の同級生と会いました。

お互い61歳になって、同級生も何人か鬼門に入った人もいます。

それを考えると、会えるうちに、会える人には、会っておくことを実践しています。

1人は、はたから見ると順風満帆な人生を送っています。

偏差値の高い国立大学を卒業し、1つの仕事でトップに上り詰め、天下りをして働いています。

子どもも安定した仕事に就いて、独立をしています。

公務員の奥さんと2人暮らしです。

もう1人は、東京の私立大学を2年留年した後に卒業し、東京の有名企業の子会社に就職したが、退職して故郷の静岡に戻ってしまいました。

それからは派遣社員として働いています。

独身です。

別々に飲んで、人生をしみじみ語り合いました。

2人は高校の同級生で、16歳から18歳の多感な時期を一緒に過ごした仲間です。

毎日のように会っていました。

静岡の片田舎の少年だった我々が、あれから43年間を過ごして、61歳のお爺さんになっています。

話を聞いているうちに、それぞれの人生に紆余曲折があることが分かりました。

我々の昭和37年生まれの世代は、新人類と言われました。

それぞれの価値観を尊重する世代です。

しかし、ライバルが多い世代で、受験でも、社会に出ても競争させられました。

常に、他人と競争を意識して生きてきました。

しかし、人生が終盤戦になって気付くのですが、競争を勝ち抜いた人が幸せかというと、そうでは無いような気がします。

はたからみたら社会的に成功した人生を歩んでいるA君と、そうではないB君。2人の幸せの定義が全く違います。

幸せって、個々の心の中にあって、他人と比べるものではないようの気がします。

自分が幸せだと思えば幸せなのです。

自分が不幸だと思えば不幸なのです。

私は、自分の不徳の致すところで、家族を離散させてしまいました。

仕事だけに熱中してしまい、家族の幸せなど考えませんでした。

だから、今からでも、人の喜びが自分の喜びとなるようなことをしたいと思います。

何を今さらと言われるかもしれませんが、それをすることで自分へのせめてもの救いになります。

心に刺さった言葉

昨日は、久しぶりに故郷の静岡に出張しました。

午前中に仕事が終わったので、午後に叔母と従姉妹に会いました。

最寄りの駅まで車で迎えに来てもらいました。

従姉妹は私の1つ下の還暦です。

最後に会ったのは叔父の葬儀のときですから13年前です。

待ち合わせの時間になっても、従姉妹を見つけることができません。

お互いの顔を忘れてしまうくらい月日が経過していました。

メールをしました。

すると、「お兄ちゃん!」と声をかけてくれました。

記憶にある従姉妹の面影はありませんでした。

迎えの車に行くと85歳の叔母が座っていました。

時間に余裕があったので近くの博物館に行きました。

その後、大きな喫茶店に入り2時間くらい話をしました。

自分の現状を説明しました。

初めて他の人に自分の状況を話しました。

「〇〇(私のこと)は本当に偉かったね。頑張ったね。」

と言われました。

私の実家は家族仲が悪かったです。

母親が家族に愛情をまったく注ぐことがありませんでした。

両親の会話もまったくありませんでした。

私は高校卒業と同時に家を出ました。

両親から浪人はさせない、国立大学しか行かせないと言われていたので、家を出るしかありませんでした。

2年間新聞奨学生をして浪人をし、1年間塾の講師をしながら、国立大学に合格しました。

両親が共働きだったので世帯収入が多く、当時は奨学金も借りられず、学生寮にも入ることができませんでした。

大学時代は月5万円の仕送りで、あとはアルバイトで生計を立てました。

そんな私を見かねて、叔父と叔母は私を自分の子どもとして養おうと考えていたそうです。

大学卒業後も紆余曲折ありました。

実家に帰ったのは1回だけです。

結婚をするときだけです。

それでも何とか61歳まで生きてこられました。

帰りの新幹線の中で、叔母の言葉の「本当に偉かったね。頑張ったね。」の言葉を噛みしめて、今までのことが走馬灯のように思い出されて、涙が出てきました。

しばらく優しい言葉をかけてもらったことがありませんでした。

この「本当に偉かったね。頑張ったね。」の言葉は私の心に刺さりました。

自分は1人ではない。

心の故郷があることを実感しました。

コンフォート・ゾーンを出ない大人たち

県立高校の校長を定年退職して、私立高校の校長になった友人と電話で話をしました。

地方の高校は人口減少に苦しんでいます。

東京都ですら23区の西部以外は人口が減少していきます。

誰もが少しでも偏差値の高い高校に行きたいのですから、中学生の数が減少していけば、偏差値の低い高校は淘汰されます。

減少する一方の受験生を獲得するには、選ばれる高校にならねばなりません。

友人の高校は偏差値が低い私立高校です。

彼は校長1年目から生き残りのための策を提案しています。

スクールバスを走らせて遠隔地からも生徒を集める。

海外の大学と連携して、海外大学への進学者を増やす。

いろいろな策を提案するのですが、他の教員や理事から却下されています。

なぜならば「面倒臭い」から。

このままでいけば、あと数年で赤字経営の学校になります。

定年退職間近の教員や理事はあと2~3年もてば良いのでしょう。

あまりのやる気の無さに、友人は仕事を投げ出すかもしれないと嘆いていました。

彼の前任の校長は、我々の高校時代の恩師です。

恩師も定年退職と同時に県立高校から私立高校の校長になりました。

恩師は66歳で病気で亡くなってしまいました。

恩師から言われて彼が校長を引き継いだのでした。

だからこそ彼も強い義務感を感じていました。

私も61歳になる現在まで生きてきて、「変わらないバイアス」の強さに辟易しています。

自分が沈んでいる船に乗っているのに何もしない。

私は何とかしようと必死でもがいて、もう沈没すると悟ったときに、船を乗り移っていました。

私は転職4回しています。

若者を見ていると、現実を受け入れて、何もしない人が多いです。

辛い思いをしたくない人が多いです。

コンフォート・ゾーンを出ることができないのです。

私の生き方は、「座して死を待つよりは、出て活路を見出さん」でした。

61歳で転職して5つめの会社で働いています。

現在の会社で、PDCAサイクルを教えても、過去の踏襲を続けようとします。

それは会社の体制にも問題があると思っています。

社員の評価が減点方式だからです。

挑戦して、失敗したら、減点されるからです。

失敗しないためには、過去の踏襲を続けることが安心です。

もっと挑戦を奨励する体制、失敗を許容する体制が必要です。

私は挑戦する若者をサポートしたいです。