糸が切れた凧の毎日

これまで散々世間に迷惑をかけてきたので、これからは世間に恩返しをする番だと思っています。 周りの人の心に火を灯し、少しでも元気になってもらえれば、私も元気になれます。

幸せって心の中にしかない

本日は、仕事帰りにカレーの激戦区の神保町でカレーを食べました。

日本最大の総合商社で働く女性の友人のリクエストでカレーになりました。

彼女は59歳の部長で定年退職まであと半年です。

定年退職後に何をやるのかを私に相談したかったそうです。

年収は軽く2000万円を超えています。

退職金は恐ろしいくらいの金額です。

その上、定年退職後は企業年金が死ぬまでもらえるそうです。

年間もらえる年金の額は、私の年収を超えていました。

彼女は独身です。

有名女子大学を卒業後、親のコネで総合商社の一般職で入社しました。

その当時はコネがないと丸の内のOLにはなれなかったです。

社内結婚で寿退社を目指していたのですが、30歳を過ぎてたまたま上司がうつ病で休職し、上司の仕事をしていたら総合職に転換させられ、必死で働いていたら定年退職の年代になったそうです。

子会社にも出向し、子会社の役員にもなりました。

そんな彼女の悩みは、定年退職をしたら社会との接点が無くなるので、仕事をしたいとのことでした。

企業年金だけで裕福な生活ができるはずです。

働かないで家にいたらボケてしまうからとのことでした。

すでに日本語学校の教師の資格も取得し、キャリアコンサルタントの資格を目指して勉強していました。

ボランティアでは気持ちが入らないから、幾ばくのお金をもらって仕事をしたいとのことでした。

私の前ではごく普通のオバサンなのですが、会社ではキリリとしているのだろうと想像しました。

会社では弱音を吐けないから、私の前で弱音を吐くのだろうと思いました。

世界を股にかける商社マンは「人たらし」が多いです。

職場では雄弁な分だけ、家庭では大人しい人が多いです。

彼女の素の姿を見たような気がしました。

どんなにお金があっても墓には持っていけません。

どんなに裕福でも、心の中は寂しいのだろうと思います。

彼女が社内結婚で寿退社をしていたら、今頃は孫の面倒を見ていたでしょう。

他人から見たら羨望の的でも、どんな人にも悩みがあると思います。

だからこそ、幸せって人の心の中にしかないのだと思います。

 

死を意識するから生きる意味が分かる

還暦を迎えていろいろと考えることが増えてきました。

それは自分の死を意識することができたからです。

誰にでも終わりはあります。

これまでは自分が終わることなど考えたことがありませんでした。

しかし、還暦を迎えて、自分の終わりを意識するようになりました。

自分が死んだらどうなるのだろうか?

同居している次男が生きていけるだろうか?

そんな心配をしても仕方がありません。

次男は生きていくしかないのです。

少なくとも一戸建ての家だけは残ります。

故郷にある墓は永代供養にして墓じまいをしようと思っています。

自分の墓は不要です。

散骨してもらいたいと思います。

位牌も不要です。

息子二人に迷惑はかけたくないからです。

その代わり遺影だけは残して逝きたいと思います。

友人の画家に描いてもらっています。

私は死ぬときに後悔はすると思います。

故郷を飛び出し、行き当たりばったりの人生でした。

もがき苦しんだ人生でした。

それでも何とかここまで生きてきました。

後悔は少しでも減らして逝きたいと思います。

最近は、やり残したことを始めています。

お世話になった人に感謝の言葉を伝えたかったのですが、

連絡をしても、微妙な反応です。

こちらが会いたいと思っても、相手は会いたくないのかもしれません。

年老いた姿を見せたくないのかもしれません。

40年前に新聞奨学生でお世話になった新聞販売店の店長と会おうとしたときもそうでした。

店長の娘さんとはレストランで会ったのですが、店長は最後まで来ませんでした。

お金に困っていたようで、その場の食事代を払えないことにプライドが許せないようでした。

私も後期高齢者になったら、自分の衰えた姿を見せたくないかもしれません。

会いたいというのは、私が感傷に浸るための独りよがりの考えで、相手にとっては迷惑なのかもしれません。

もっとお互いが勢いのある若いうちに会っておけば良かったです。

私は仕事一筋で、人生を楽しむことをしてこなかったような気がします。

家族を楽しませることも少なかったです。

しかし、いざ楽しむことをしようと思っても、何をしたら良いのか分かりません。

私が子どもの頃も家族で楽しむことはありませんでした。

楽しむ経験がほとんどないのです。

趣味でやろうと思っていろいろな道具は買いました。

しかし、それを使う気が起こらなくなっています。

生きる気力が薄らいでいるような気がします。

自分の人生に「意味付け」をする時期に来ています。

自分の人生は挑戦だったと思います。

挑戦なんてかっこよいものではないです。

要領が悪い私は、いつも壁にぶつかりながら生きていました。

その壁を乗り越えるために挑戦するしかなかったからです。

周りの人への感謝の気持ちも足りなかったです。

だから壁が立ちふさがっていたのかもしれません。

死ぬまで挑戦を続けるしかないのかもしれません。

辛い思いをすることで、他人の辛さが分かり、気遣いの気持ちが生まれてきます。

魂が成長するのだと思います。

最近は相談を受けることが多くなりました。

今朝もオンラインで相談を受けました。

私ができる唯一の社会貢献です。

私には、ゆったりとした老後などないのかもしれません。

二人の息子も結婚することはないでしょう。

孫と遊ぶこともないでしょう。

死ぬまで自分を鼓舞して生きていくしかないような気がします。

 

頭に浮かんだことをやみくもに書いてしまいました。

私の戯言に付き合っていただきありがとうございました。

心が休まるとき

昨晩は、22年前に仕事で知り合った同じ還暦の方と食事をしました。

私は飲みたいのだが、7年前に脳梗塞を発症してからは飲めなくなりました。

彼とは会社は違うのだが気が合ってたびたび会っています。

15年前に転職を決意したときにも彼には相談しました。

仕事終わりに北千住で会いました。

彼の会社の業績が悪いようです。

かなり厳しいと言っていました。

彼とは22年くらい前にプロジェクトで一緒に仕事をしたことがあります。

そのときの話になりました。

お互い30歳代後半で脂が乗っていました。

仕事は大変でしたが、とても楽しかったです。

1つの目標に向かって力を合わせて成果が出ることに喜びを感じていました。

睡眠時間を削って仕事をしていましたが苦にはなりませんでした。

むしろ楽しかったです。

「お互い歳を取った」と笑いながら話しました。

私は友人がほとんどいません。

笑って話せる人って貴重です。

久しぶりに「心が休まる」時間を過ごせました。

彼には本当に感謝です。

人生では、お金やステータスよりも大事なものがあることを知ったのは50歳過ぎてからでした。

もう手遅れですが、生まれ変わったら違う道を選びたいです。

心のしなやかさ

ある高校から依頼をされて、進路が決まっている高校3年生約100人に100分間の授業をやりました。

有意義な学生生活と有意義な人生についてです。

高校生に分かりやすく資料を作りました。

先生方に聞くと、この学年は入学したときからコロナで、授業はほとんどオンラインでした。

学校行事も部活もできない。

修学旅行すら行っていない学年だそうです。

少子化によって私立大学は入りやすくなっています。

だから勉強をあまりしなくても大学には入学できます。

生徒たちを見ていると、非常に真面目なのです。

真面目なのだけれども目の輝きがない。

とても不安になりました。

これから大学でいろいろなことを経験します。

楽しい経験もありますが、嫌な経験もあります。

そんなときに真面目だけでは心が折れてしまうのではないかと思いました。

高校生活はいろいろなことがあります。

クラスメイトと喧嘩をしたり、部活の先輩からしごかれたり、好きな人にドキドキしたり。

対面だからこそいろいろな経験ができます。

良い経験もあります。悪い経験もあります。

人生もそれと同じです。

レジリエンス(心のしなやかさ)は、学校行事によって培われるのだと思います。

人間が成長するにはいろいろなことに挑戦することが必要です。

挑戦して、失敗しても、素直に反省して、問題点を見つけ、改善活動を続ければ成長できます。

高校3年生に話しながら、自分も挑戦していないことを反省しました。

私は還暦です。

男性の平均寿命まであと25年はあります。

これからの人生を消化試合と思いたくないです。

まだまだ挑戦できると自分に言い聞かせています。

そう奮い立たせないと生きる気力が湧いて来ないからです。

時代錯誤のオジイサン

会社の60歳代後半の役員が女性社員に訴えられました。

メールで、女性蔑視の発言を書いて送ったからです。

私も対策委員の1人としてそのメールを読みました。

その役員は、昭和30年代に男兄弟3人の家庭で育ち、

その頃は「女は馬鹿だ」という言葉が飛び交っていたという内容でした。

弁護士を含めた会議で、解雇まで視野に入れて協議をしました。

確かに、昭和の時代にはそんなオジサンが数多くいました。

建設会社を経営している私の叔父は、私が20歳代の頃に、「女は娯楽の対象だ」と言っていました。

義理の叔父が、大手銀行の支店長だった頃に、社内結婚した奥さんを「こいつは自社製品だ」と自慢していました。

時代とともに価値観が変わっています。

最近、最大手の総合商社の友人と話をして驚いたことがありました。

子会社の社長が、不妊治療をしている女性社員に対して、自分の奥さんも不妊治療をしていた経験を話したら、セクハラで訴えられて、社長を更迭されて本社に戻ってきたそうです。

訴えられた女性社員は、「聞きたくもない話を聞かされた」ということだそうです。

今や、働かない社員に「働け」と言うと、パワハラで訴えられる時代です。

その役員は、まったく悪びれたうようすがありません。

反省できないのです。

昭和の時代と令和の時代の価値観は違います。

時代に合わせて価値観や生き方を変えないと、化石のような人間になってしまうことを痛感しました。

私は時代に敏感になって生きたいと思います。

私の遺影の作成を依頼しました

自分の遺影を準備しようと思いました。

22年前に71歳で亡くなった親父の遺影が気になっていたからです。

親父は心筋梗塞で突然死しました。

遺影の写真が、死んだときの顔写真でとても不自然だったです。

苦しんで死んだ死相を無理やり修正したからです。

親父は写真など撮影していませんでした。

だから遺影が準備できなかったのだと思います。

私は自分の遺影は笑顔が良いです。

友人の画家に相談して遺影を油絵で描いてもらうことにしました。

友人が私の写真が欲しいということで、友人に写真を撮影してもらいました。

上野公園で写真撮影です。

笑顔の写真を何枚も撮影してもらいました。

私が気に入った写真を描いてもらいます。

写真よりも油絵のほうがもつということでした。

油絵は数百年も経過した物があります。

私は墓は不要だと思っています。

位牌も不要だと思っています。

どこかに散骨してもらいたいと思います。

墓があると息子たちに迷惑がかかります。

私は遠い故郷に墓はあるので、永代供養にして、墓じまいをしたいと思います。

遺影だけは残したいと思いました。

生きているうちは自分の部屋に飾ります。

4号サイズの油絵にしました。

何十年来の親友の画家です。

12万円で描いてもらうことにしました。

額縁は絵が完成してから購入します。

私の葬式をやるかどうかは息子たちに任せます。

だから遺影だけは準備しておこうと思いました。

還暦の転職活動①

3ヶ月くらい前に2つの転職サイトに個人情報を入力しました。

そのままほったらかしにしていたのですが、興味がある3つの会社から「応募しませんか?」のマークが付いていました。

そのうちの1つの会社に書類を送付したら、書類選考が通過して、本日面接に行ってきました。

受付の女性に応接室に通されて、15分間の企業説明の動画を観せられました。

その後に、交通費を渡され、簡単な面接のためのアンケートを記入しました。

別室に案内されると、3人の面接官が待っていました。

すべて男性です。

60歳代の方が中心に座り、50歳代の方がその両端に座っていました。

面接の開始です。

履歴書の経歴からいろいろと質問されて30分間ほどで面接が終わりました。

最終的には勤務地と希望年収を聞かれました。

その後に、応接室に戻されて、45分間の筆記試験でした。

一般教養の問題でした。

久しぶりに頭をフル回転させました。

結果はどうであれ、やり切ったと思います。

昨日、元部下の女性からラインが来ました。

何年ぶりかです。

私がいつもチャレンジ精神に溢れていて、いつも刺激をもらっていました。

と書いてありました。

自分の人生は挑戦だと思い直しました。

彼女から元気をもらえました。

だからこそ、本日の面接と筆記試験を頑張れたと思います。

もう1社気になる会社にも応募して挑戦します。

努力すれば結果は後からついてきます。

人生には成功は約束されていませんが、成長は約束されています。

その言葉を信じて頑張りたいと思います。