糸が切れた凧の毎日

これまで散々世間に迷惑をかけてきたので、これからは世間に恩返しをする番だと思っています。 周りの人の心に火を灯し、少しでも元気になってもらえれば、私も元気になれます。

地元を再発見した

私は仕事で出世をすることしか考えていなくて、自宅は寝に帰るだけの場所だった。

だから地元のことは何も分からなかった。

実は興味が無かった。

6年前に妻が家を出て行き、大学を卒業して働き始めた長男もその半年後に家を出ていった。

中1から引きこもりの当時19歳の次男との二人暮らしになってしまった。

次男を何とかしなくてはと思い、仕事を休んで、次男を連れて、いろいろな施設に相談しに行った。

市役所や保健所などあらゆるところに相談に行った。

車で1時間以上かかる引きこもりの相談所にも通った。

そのときに地元の行政にお世話になり、多少なりとも地元のことに関心を持った。

お陰様で、何とか次男は施設に通うことになり、引きこもりは脱した。

その後、補助金搾取の障害者ビジネスの施設に利用され、次男は就職したものの辞めざるを得ないことになってしまった。

紆余曲折あった。

次男も何とか頑張って、独学でいろいろな資格を取得した。

次男は先月より地元の総合病院の事務でパートとして働いている。

次男は障害者手帳を持っているが、これも施設でアドバイスを受けて取得した。

障害者雇用になったほうが就職しやすいとのことであった。

次男は決して知能が低いわけではない。

独学で日商簿記2級を取得しているから、知能は問題ないと思っている。

7年間引きこもっていたので、人間関係の構築が苦手である。

これも多種多様な人と接していれば、できるようになるのだと思う。

次男の人生の歯車はどこかで外れてしまったが、

今それを入れ直して少しずつ人生を前進させている。

私の人生も山あり 谷ありであったが、次男の人生も山あり 谷ありである。

次男の人生は、谷から山に向かっていることは確かである。

今はパート採用で一生懸命やっている。

それが認められれば、正社員になることを信じてこれからも頑張って欲しい。

本日は、天気が良くて風もなく暖かかったので地元を散歩してみた。

地元にもいろいろ興味がある場所があることが分かった。

これからはもっと地元に目を向けて、老後の生活を考えよう。