それでも彼女の人生は順調です・・・

卒業して3年目の方が相談があるというので会いました。(彼女の許可を得て書いています)

TV・映像、Web、広告・出版などのクリエイティブを扱う会社の総合職です。
彼女は大学3年生のときに誰よりも活発に就職活動をして、6社から内定を獲得しました。
そして憧れの会社に入社しました。
めったにいない自信に満ちた行動力のある学生でした。

社会人1年目から必死に仕事をして、終電で帰社する毎日。
帰宅するのは夜中の1時、2時。
近所のコンビニしか開いていない時間。
コンビニで好きなだけ買い物をするのが幸せだったそうです。
それでも朝は定時に出社。
土日も仕事。
彼氏とのデートもパソコンを持参で、お店でも彼氏を待たせて仕事をしていたそうです。
当然、彼氏とも自然消滅。
仕事が楽しいので疲れなかったと言います。

女子のバリキャリを地で行っていました。
必死にやっていたのですが、なかなか会社の売り上げに貢献できない。
やってもやっても成果が出ない。
上司とも折り合いが悪くなって、4月から一般職に転換させられてしまいました。

彼女は、現在の会社に憧れて入社しました。
会社にこだわりが強いので、転職に迷いがあります。
今までエージェントとして好きな仕事を好きなだけしていたので、一般職の事務の仕事に納得がいきません。
成長欲求が強いので、会議資料をホチキス止めをする仕事では満足しません。
目標に向かって全力投球することを是とする性格なのです。

話を聴いているうちに私は感じました。
彼女は人生で初めての大きな試練です。
試練というか「神様が彼女に休め」と言っているような気がします。
このままでは、電通の高橋さんと同じになってしまいます。

彼女は、猪突猛進で突っ走ることしか知りません。
しかし、総合職を支える一般職の仕事を知ることは、彼女の成長のためには必要だと思います。
陽の当たる人もいれば、それを陰で支える人の存在もあるのです。
そんな人たちにも感謝の気持ちを持って仕事をしなければ、人をマネジメントする立場になったときに誰もついて来なくなります。

彼女にとっては、このまま一般職では、給与が安く、単純作業で成長できないと思うでしょう。
彼女のモチベーションはだいぶ下がっていました。

人生はマラソンです。
最後にトップでゴールするには、最初からトップでいる必要はないのです。
今は、いろいろなことを経験する時期です。
この試練は、彼女が成長するために神様が与えてくれたのです。
この試練を乗り越えたら、彼女には次のステージが待っています。

私は転職を3回しました。
そこで悟ったことがあります。
仕事とは、どの会社で働くよりは、どう働くかが大切なのです。
人と比較しないで、笑顔と感謝の気持ちを持ち、
自分の目標に向かって努力していれば、成果と給与と役職は後からついてきます。

彼女の職務経歴ならばどんな会社でも採用してくれます。
だから彼女の人生は順調です。

あなたの人生は順調です・・・

卒業生の悩みごとを電話で聴く機会が何回かありました。
人は知らず知らずに自分の世界に閉じこもっています。
仕事が忙しくて、職場と自宅の往復だけの毎日。
毎日顔を合わせる人も同じ。
単調な生活で変化がないと、
本人も気付かずに、生きる世界が狭くなっています。
狭い人間関係の中で、ちょっとでも嫌なことがあると、大きなストレスに感じます。
小さなストレスでも、人生最大のストレスに感じています。

話を聴いていても、半世紀も生きた私からすれば、それは人生でよくあることです。
そんな出来事が起こるのは、逆に人生が順調ではないかと思います。
小さな試練を乗り越えて(経験を積み重ねて)人間は成長するのですから、
試練があるのはむしろ当然のことです。

20年間も女子大学に勤務していると、女子のいろいろな相談を受けます。
「新婚なのですが、主人が心臓発作で、30歳で死んでしまった。」
「2年間交際した彼氏と結婚しようとしたら、既婚者だと分かった。」
相談のレベルはさまざまです。

職場で先輩につらく当たられる。
売上ノルマがきつい。
今の彼氏と結婚しても良いか迷う。
仕事が嫌になって転職したい。
等々・・・
女子の悩みは尽きません。

それって人生で誰もが経験している悩みです。
独りの狭い世界で悩んでいるので、人生で普通に起こる小さな悩みが、
生きるか死ぬかくらいの大きな悩みに感じてしまっている人がほとんどです。
最終的には自信が無くなり、劣等感が心の中を支配します。

いつもアドバイスさせていただいているのは、
「目標に向かって努力してください。」
ということです。
自分の実力より少し上の目標に向かって、
少し背伸びするくらいの辛さで努力してください。

女子には成長欲求があります。
美しくなりたい。
仕事ができるようになりたい。
料理が上手くなりたい。
等々・・・
目標に向かって努力をして、自分の成長を実感できると、自信が付いてきます。
その自信がさらに前に踏み出す原動力となります。
そして、小さなことでも幸せを感じられるようになります。

心が暗いと、表情までが暗くなり、誰も近寄らなくなっています。
それは孤独ですよね。
心が暗ければ、心に電気を灯すべきです。
楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいのです。
しかめっ面をしていたら、心もしかめっ面になります、
だから笑顔でいれば、自分も楽しくなり、周りも楽しく接してくれますよ。

あなたの人生は順調です。

就職活動って・・・

今年も新卒の就職活動の時期になりました。
新卒の就職活動は絶好調です。全国の大卒の内定率は過去最高を記録しています。
多くの学生は苦労せずに内定が獲得できると思っています。学校行事の1つくらいに考えている人もいます。

就職活動の目的は「社会での居場所を作ること」です。
その結果、経済的な自立、精神的な自立をすることです。
要するに、働きながら、自分の名義で家を借り、自分の給料で家賃を払い、炊事・洗濯・掃除をすることです。
実家に住み、お母さんに家事を任せきりでは「女性の自立と自活」ではないのです。

以前、卒業して11年目の方々にアンケートを実施しました。回収率は3割程度でした。
アンケート結果では、7割の方々が新卒で就職した会社を辞めていました。
恐らく、これを読んでいる人の中にも、定年まで今の会社に勤めるつもりの人は少ないでしょう。

女子大学の就職の花形は、金融業界と航空業界と言われています。
週刊誌で公表される女子大学の就職実績は、この2つの業界の内定者数(内定率)で競います。
しかし、この2つの業界の離職率はとても高いです。10年後の離職率は100%近いでしょう。
結婚して、出産しても、しばらくは制度が保証してくれますが、子育ての期間までは保証しません。
だから希望の会社に就職できたとしても、転職することになります。

就職活動の目的は「社会の居場所を作ること」です。
しかし、会社は同じ場所に留まることを許しません。
後輩に追い抜かれてしまいます。
就職したら成長することを求められます。
銀行などは資産運用でしか収益が期待できなくなっています。
窓口を担当する一般職にもノルマがあるのです。
多くの卒業生がこの成長するプロセスで悩んでいます。
転職相談も多いです。

今から6年前のリーマンショックあたりの就職氷河期の頃に就職した「打たれ強い」先輩方でさえ苦労しているのですから、
あまり苦労しないで就職できた最近の卒業生が、就職後どうなるかが心配です。

電車の中でリクルートスーツを着た学生を見ると、
「就職活動で成長してください!」
と声をかけたくなります。
「挑戦して、失敗しても、素直に反省して、改善すれば、成長できます。(PDCAサイクル)」
自分が成長した結果、最高の会社に就職すれば良いのです。
社会での居場所を作ったら、後は這い上がっていくだけです。

結局、就職活動で身に付けたPDCAサイクルを、就職してからも活用して成長するしかないのです。
希望の会社に就職できた先輩が皆さん言います、
「夢を持って就職活動していた大学3年生のときが、充実して幸せだった。」

幸せって、
夢を持って努力を積み重ねた期間を、
目標を達成した後に振り返ると、
感じるものなのです。

だから、目標を持って頑張っている人は、
今は苦しいけれども、
目標を達成した後は、
幸せが待っているのです。

だから就活生は目標を持って努力を続けてください。

自分本来の姿で生きる・・・

本日は臨月の卒業生とランチしました。

4月20日が出産予定日だそうです。
社会人4年目の方です。
結婚を機に仕事を辞め、専業主婦になっています。
商社の一般職として勤務し、社内結婚をしました。
ご主人の転勤も控え、来月に子どもが生まれたら時間が取れないということで、お会いしました。

今から思えば、6年前の学生はとてもやる気がありました。
内定した先輩を巻き込んで、先輩が後輩を教える朝活までやっていました。
考え方が大人でした。とても意欲もありました。
外見も大人で、彼女がリクルートスーツを着ると、大学3年生なのに25、6歳に見えるほどでした。
本館の出入口に立っている警備員さんが、彼女を見ると敬礼をしていました。
恐らく取引企業の社員だと勘違いされていたのだと思います。

バリキャリを目指す学生が多かったです。
そんな学生が数多く私のところに来ていました。
大学受験で第1志望の大学に合格できず、一般入試3月日程で入学した学生がバリキャリを目指すことが多いです。
大学受験の失敗を就職活動で挽回したいと思うからです。
彼女もそんな1人でした。

とにかくブランド志向。有名企業に入社したい。
しかし、有名企業に就職しても、激務で体調を崩す人も多いです。
女性のストレスは子宮に来ます。
婦人科系の病気になる人が多いです。
その結果、子どもが産めない体になってしまう人もいます。
そんな人生のどこが良いのでしょうか?

彼女は外見がバリキャリですが、内面は男性に尽くす女性ということは学生時代から分かっていました。
だから今の姿が、彼女の本来の姿だと思います。
変なトラウマに固執して、自分のあるべき姿を見失うよりも、自分本来の姿で生きたほうが幸せになれると思います。
そんなことを実感した1日でした。

丈夫な赤ちゃんを産んでください。

人生はこれから・・・

昨日は卒業式でした。
私は、もう20回卒業式を経験してきました。
多くの女子大生の将来を見てきていろいろなことを思います。

幸せな人生を送るには、どこに就職したなんて関係ありません。
若いうちは他人と比較してしまいます。
有名企業に就職することは、そのプライドを満たすことができます。
しかし、その幸せはいつまでも続きません。

ブランド品を手に入れた。
一流の男と結婚できた。
それは常に一瞬の出来事です。
手に入れた瞬間に幸せは逃げていきます。

どんな仕事をしていても、
どんな生活をしていても、
目標を持って努力を続けていることが幸せなのだと思います。
努力を続けているときは辛くても、目標を達成できたときに振り返ると、辛い努力のプロセス(過程)が無上の喜びとなります。
人生はその繰り返しです。

命という字を分解すると、人は一回は叩かれると読めます。
人生には神様から叩かれることが幾度かあります。
それは神様が成長するようにと試練を与えてくれているわけです。
試練があるということは神様に気に入られているわけです。
(私は宗教家ではありません。)

目標が楽に達成できることはありません。
チャレンジすれば必ず失敗(試練)があります。
そのときに、「この試練は自分が成長するためにある。ありがとう。感謝します。」と思って乗り越えるかどうかです。

いつも笑顔で、周りの人に感謝の気持ちを持って接している人は、幸せになっています。

そんな人が近くにいたら、こちらまで笑顔になれるし、手助けしたくなりますよね。

結局、幸せは自分の心の中にだけあるような気がします。

卒業おめでとうございます。

すべてが人生のお手本・・・【その2】

思い起こすと私には尊敬できる上司・先輩が2人います。

そのうちの1人は、私より20歳以上年上の男性です。
大学卒業して自衛隊に勤め55歳で転職してきた方です。
私は自衛隊の階級には詳しくないのですが、連隊長までやられた方だそうです。
自衛隊は階級が上の人ほど定年退職が早く50歳くらいで定年退職になる人もいるとのことでした。

もう20年近く前の話になります。
その方は、礼儀正しくて、いつも笑顔で周りの人に気を遣っている人でした。
同僚が嫌がる遠方の出張なども率先して引き受けてくれました。
しかし、どんなに遠い出張でも日帰りなのです。
いつも不思議に思っていました。

ある日、近場に一緒に出張することになりました。
出張帰りに「ちょっと寄っていかないか?」と言われました。
私はまだ30歳代の若造でしたので50歳代の先輩に言われたら断るわけにはいきません。
連れていかれたのは、ある病院の病室でした。
年配の女性のベッドに案内されました。
とても思い病気だということは一目瞭然でした。
「女房です。」
と紹介されました。
奥さんは必死に起き上がろうとしているのですが起き上がれません。
必死に私に話しかけようとしているのですが言葉が出てきませんでした。
このときの奥さんの悲しそうな目は今でも忘れられません。
私は突然のことでボーっと立っているだけでした。

一礼をして病室を去るしかありませんでした。
病院を出てしばらくしたら、先輩が私に言いました。
「世の中にはこういう人間がいるということを分かってもらいたかった。」
私は車を運転しながら涙が止まりませんでした。
挨拶すらできなかった自分の不甲斐無さが悔しくて、ずっと泣いていました。
先輩がいつも日帰りの出張だったのが理解できました。

しばらくして先輩の奥様のお葬式がありました。
その際にも驚くことに、娘さんが身体障碍者だったのです。
奥さんと娘さんの介護のためにとても辛い毎日だったことでしょう。
それでもいつも笑顔で周りの人に気を遣う先輩の心の強さに感服するしかありませんでした。

今でも年賀状のやり取りはあります。
すでに娘さんも亡くなられ、80歳で一人暮らしです。
町内会長と趣味の社交ダンスサークルの会長を任せられて忙しい毎日だそうです。
年賀状には、「いつでも困ったことがあったら声をかけてください。」と書いてあります。
人のために尽くせる人。
こんな人に自分はなりたいと思っています。
【終わり】

すべてが人生のお手本・・・【その1】

この時期は定年退職をする方々の送別会の時期です。

私もいろいろな上司の下で仕事をしてきました。
3回転職して4つの職場を経験していますので、それだけ多くの上司の下で仕事をしてきました。
正直言って顔も見たくない上司もいます。
こんな上司の下で仕事をしなければ、私の人生はもう少し良くなっていただろうと思うこともあります。
そんな方との飲み会は参加したくないのですが、定年退職の送別会は誰にでもあることです。
だからぐっとこらえて参加します。

一昨日もそんな女性の上司の送別会でした。
65歳の定年退職の送別会です。
そんな上司の元部下が送別会を開くことはないです。
たまたま他の組織の方が声をかけたので開催しました。
その上司はいつも不機嫌で、その不機嫌さを部下に当たり散らしていました。女性の部下が2人鬱病となったのにも関わらず、まったく態度を変えませんでした。
しかし、当の本人も、ある日、くも膜下出血で倒れてしまいました。たまたま近くに人がいたからすぐに治療ができたものの、人がいなかったら死んでいたはずです。

いろいろな上司・先輩を思い起こすと、ある共通点が浮かび上がります。
次のような人は、何年もすると必ず本人が病気になり、家族や同僚が病気になっています。
①いつも怒鳴って不機嫌さをまき散らしている人
②愚痴や陰口を絶えず言っている人
③不平不満を周りに言うことで同情を誘い、エネルギーを奪っている人
やはりマイナスオーラが病気を誘発するのだと思います。

私にとっては、逆に悪いお手本を見せてくれたのですから感謝すべきことです。
退職の祝いの品の中に、感謝の手紙を入れてお渡ししました。

<すべてが人生のお手本・・・【その2】に続く>